人見将展「a common language」

ごあんない。

2014年1月11日 土曜日より、人見将氏の展示が始まります。


Gallery Cafe 3 #029

今回の展示は人見将さんの世界にご案内します。

人は本当に物事を視ているでしょうか?

彼の画に対峙する時、そんなことを考えます。

現実と思っているこの日常の世界は、幻想なのではないでしょうか。

コントラストの強い彼の画の前で世界の輪郭がとけてゆく感覚を覚えます。

ぜひご覧いただきたいと思います。


最終日1/31 金曜日には、ライブイベントを予定しています。

詳しくは、ブログページにておしらせいたします。



人見氏よりメッセージ


ある無名の写真家と出会った。

私は当時カメラ屋でアルバイトしていた。そこに彼が入社してきた。彼は私よりひとまわり年上の、もの静かで物腰の柔らかい男だった。

しばらくして彼の個展に招待された。-fragile-という展覧会名だった。一面はキャビネサイズのモノクロ写真。もう一面は詩。それが薄いガラス板に閉じられて空間中に吊るしてあった。くるくるまわるそれらは、私と直角になった時に、消えた。

そして、私は写真を始めた。


10年後


私はカメラを捨てた。

30歳でものにならなかったらアーティストを辞めようと思っていた。カメラを全部売った。暗室機材は売れなかった。借金まみれだった。借金返済のため、普通に働いた。今までに比べてとてもヒマだった。鶴を折った。ずっと折った。

そして、折り鶴を使ったフォトグラムを始めた。


BIOGRAPHY


1978 埼玉県生まれ

1998 東京工業専門学校電気工学科卒業

2004 レジデンスプログラムにてメキシコに滞在する。

2005 京都に移住

2007 埼玉に移住

2008 フォトグラム技法を使った制作を始める。


Awards


2006 東川町フォトフェスタストリート部門グランプリ受賞 Higashikawa International  Photo Festival, Street section, Grand prix

2011 リコーポートフォリオオーディション優秀賞受賞 Ricoh Portfolio Audition, awards  for excellence


Collect


北海道東川町 Higashikawa, Hokkaido


Publication


2013 デジタル写真集「審美」Digital Photo Book -Shinbi- Amazon


Solo Exhibition


2000 blues, Rafu, Saitama

2001 蜃気楼の灯-Light of the mirage- Gallery Ono 2, Tokyo

2003 非・劇的な瞬間-undramatic moment- chimenkanoya, Tokyo

2004 青-Blue-, Mone, Tokyo / Club Asia, Tokyo

        ミニアチュウル-Miniature- Mone, Tokyo

        大暴投する理由-Why people throw a wild pitch?- Mone, Tokyo / Kosugiyu, Tokyo / Club Asia, Tokyo

        継続する軍手-Gloves continue- 26nichi no tsuki, Tokyo

        Light From Others Goes To Darkness, chimenkanoya, Tokyo

        ある曲線-Curve- Mone, Tokyo

2005 森-Forest-, Mone, Tokyo / Kosugiyu, Tokyo

        生まれたての光-Born Light-, Mone, Tokyo

2006 形-Form-, Mone, Tokyo

        感情の感覚-Sense of emotion-, Atha, Kyoto

        極楽の花-Flower of paradise-, Casumi, Kawasaki

2012 窓から見た風景-Landscape from the window-, Gallery Cafe 3, Tokyo

        即興?写真-impromptu photograph?- Kaoriza, Tokyo/Gallery Cafe 3, Tokyo

2013 審美-Shinbi- ART GALLERY M84,Tokyo

        写真と言葉-Photograph and Word- cafe gallery momomo, Tokyo

        OX THE LIVING ROOM, Saitama


Group Exhibition


2002 Artist Inn, Artist Inn, Tokyo

2003 10Years Anniversary Exhibition, Rafu, Saitama

2004 Tokyo Shutter Chance #000 Prologue, Mone, Tokyo

 Tierra Aspera, Galeria Nebrosa, Mexico

         Higashikawa International Photo Festival, Hokkaido

2005 Tokyo Shutter Chance #001, Mone, Tokyo

         Higashikawa International Photo Festival, Hokkaido

2006 Tokyo Shutter Chance #002 SYNCRONICITY, Mone, Tokyo

         How are you, Photography? Gallery Kobayashi, Kyoto

         Higashikawa International Photo Festival, Hokkaido

2007 Tokyo Shutter Chance #003 FAMILY, Mone, Tokyo

         Higashikawa International Photo Festival, Hokkaido

2008 Tokyo Shutter Chance #004 Calling, Mone, Tokyo

2009 Tokyo Shutter Chance #005 See Saw, Mone, Tokyo

2010 Tokyo Shutter Chance #006 Letter, Mone, Tokyo

2011 Tokyo Shutter Chance, Mone, Tokyo

2012 念力・浸透・輪郭-Willpower, Percolation, and Outlines- Richo photo gallery RING CUBE, Tokyo

2013 花景-Views of the flower- Mikazuki Gallery,Tokyo

         佐藤志保、畠山雄豪、人見将による写真展「念力、滲透、輪郭」-Willpower, Percolation, and Outlines- Higashikawa Bunka Gallery, Hokkaido

         JITTER#01 CCAA, CCAA, Tokyo


Other


2002 Rolling Stone Gathers No Moss, Live Inn Losa, Tokyo

2006 メキシカンアートプロジェクト アドリアン・メンディエータによるメキシコ写真史(大  阪成蹊大学芸術学部・金沢美術工芸大学・倉敷芸術科学大学・東川フォトフェタ2006・  早稲田大学 芸術学校)Mexican Art Project, Photographic History of Mexico by  Adrian Mendieta




人見将展 「即興?写真」

ごあんない。


2013年1月11日より、人見将(ひとみ まさる)氏の展示が始まります。


Gallery cafe 3 展示 #014


人見将展

「即興?写真」


今回の展示は人見将さんの世界にご案内します。

昨年、3の壁は彼の展示から始まりました。今年も3の始まりは彼からです。

考えずに感じる事、日常の中から拾い集めるようにしてすくいとられる形。

しかしそれは何かの定義ではありません。自由な感性で出会ってください。

ぜひご覧いただきたいと思います。


2013年1月11日(金曜日)から1月31日(木曜日)まで。



※1月20日 日曜日には one day cafe イベント「yuricafe」を行います。

 詳しい内容はHPをご確認ください







人見将(ひとみ まさる)


1978年埼玉県生まれ。


20才から写真作家を志し独学で学ぶ。

カフェギャラリーを中心に展覧会多数。

アーティストインレジデンス(メキシコ)参加。

現在はフォトグラム技法を使った作品を主に制作している。

東川町フォトフェスタストリート部門グランプリ、リコーポートフォリオオーディション優秀賞受賞。


ただいま月刊「即興?写真展」開催中。

大久保 名曲喫茶 ドリンク&ライブラリー カオリ座にて

03-3368-6548


※作品の販売をおこなっています。お気軽にお問い合わせください。


ごあいさつ

謹賀新年




2013年


本年もどうぞよろしくお願いいたします。


1/11金曜日より営業いたします。




「人見将展 即興?写真」とともにスタートいたします。


どうぞよろしくお願いします。




また、1/20日曜日13:00から yuricafe vol.11を開催予定です。




ご予約、お問い合わせはメールにて随時うけたまわりますので、


下記までご連絡ください。




Gallery café 3


Email : info@3gallery.net/




ご来店を心からおまちしています。


どうぞよろしくお願いします。






Gallery café 3


店主啓白

人見将展 窓から見た風景

Gallery cafe 3 展示 #001
 
3/3よりgallery cafe 3初となる、人見将(ひとみ まさる)氏の展示がはじまります。

 
少しづつ、変化しながらも表現を続けている人見氏。 
 
 
 
これは写真の原点とも言える、クラシックな技法ですが、今だに新しい表現を模索している表現者も多く、人見氏もその一人と言えるでしょうか。 
しかし彼の表現には、そんな技法や装置のスペックを語ることはむしろ無意味かもしれません。 生活の中で考えることがすべて、表現あるいは制作につながると語る彼の中では、われわれが見ている形になったモノは、もう次への過程に過ぎないのかもしれないとふと感じます。 
 
今回もどんな作品に出会えるか、とても楽しみです。 
 
人見将 展 
窓から見た風景
2012年3月3日(土曜日)から30日(金曜日)まで。
15:00から22:00
水曜定休
作家略歴
人見将(ひとみ まさる)
1978 埼玉県生まれ
 東京工業専門学校 電気工学科卒
 独学で写真を学び、展覧会を多数自主開催
受賞歴
2006 東川町フォトフェスタ ストリート部門 グランプリ
2011 リコーポートフォリオオーディション優秀賞
ぜひご覧いただきたいと思います。
よろしくお願いします。

art boxのごあんない

Gallery cafe 3 では、
展示作家にご協力をいただいて限定art boxをご用意しています。
今回は人見将さんの「photogram box」です。
20箱限定です。エディションナンバー付き

art boxは一箱3,000円です。
ぜひ手に取ってご覧いただきたいと思います。
よろしくお願いします。





<< | 2/2PAGES |

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode