村上万葉展「sleeping object」

みなさま

 

あたらしい展示のおしらせ

2017年9月19日 火曜日より、9月24日 日曜日まで、

村上万葉(むらかみ まよ)氏の展示を開催します

村上万葉展「sleeping object」

 

Gallery Café 3 #069
今回の展示は村上万葉さんの世界にご案内します。

例えば、生きているのか否かを判断する基準は何でしょうか?

動いているから生きているのでしょうか?

モノと「生き」物の境はどこにあるのか。

表現者の仕事はそのような「境界」を考えることの様に思います。

彼女が言う、「異質な生命感」ぜひご覧いただきたいと思います。

 

村上万葉 (むらかみ まよ)

兵庫県出身
武蔵野美術大学油絵学科3年

2016年3月 「表情の彫刻」展 京都メトロポリタン福寿創

2017年12月 武蔵野美術大学2年「進級展」 丸山直文賞受賞

2017年6月 「透明なステッチ」展 清澄白河 サクラギャラリー

 

 

つづく展示のごあんない

2017年9月27日 水曜日より、10月1日 日曜日まで、

角谷郁恵(かくたに いくえ)氏の展示を開催予定です。

角谷郁恵展「彩集」

 

 

10月の展示ごあんない

Gallery Cafe 3×Parque 恊働企画
濱崎仁精(はまさき まさきよ)
氏の展示を開催予定です。

濱崎仁精「貝殻とうみの上をはしる電車」

まず、Gallery Cafe 3 2017年10月3日 火曜日より15日 日曜日まで

つづいて、Parque 2017年10月18日 水曜日より29日 日曜日まで

 

今回の展示は高円寺Gallery Cafe 3と西小山 parque (パルケ)の恊働企画展です。

今回の展示は二つの会場で、二つの視点から選ばれた彼の世界をじっくりと時間と距離を感じながら楽しんでいただける展覧会です。

時間を紡ぐように描かれる濱崎さんの画には、”日常”からこぼれ落ちる些細で儚い”思い”が刻まれています。画面からだけではとらえきれない彼の”仕事”を二つの会場で様々な角度から感じていただけます。また、今回の展示会場の構成は、それぞれの空間を互いの店主同士が入れ替わって演出し、作者濱崎さんにも新しい自分に出会っていただけるような展示内容にしたいと思います。ぜひ、ご覧いただきたいと思います。

 

猫が遠い目をしている時に、見ているのはなんでしょうか?濱崎仁精はそんな視点から彼の故郷、瀬戸内の島を見ています。小高い丘から、船の舳先から、海を島をそして街を。島をはしる電車には、どんな表情の人がいるでしょう。島の家並みにはどんな色の雨が降るのでしょう。猫が貝殻で遊ぶように、沖の船を眺めるように、そんな「日常」を淡々と、時に鮮やかに描く濱崎仁精の世界をぜひ二つの会場で味わっていただきたいと思います。

 


 

イベント開催などの情報も随時お知らせします。

3のコトを一緒にひろめてください。

高円寺でお待ちしています。

3のツイッターフェイスブックぜひフォロー、いいね!お願いします。

New! 3の「o3nji:おさんじ」担当Rもつぶやいてます!こちらもチェック→o3nji

なんと!Instagramも始めていました。o3nji情報こちらでも!→おさんじ

 

 

3では、2018年のギャラリー展示作家を募集中です!

お問い合わせは、メールにてお待ちしております!→メール


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode